だれかのことを強く思ってみたかった/角田光代著/佐内正史写真

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「だれかのことを強く思ってみたかった」
角田光代著  佐内正史写真
集英社文庫  2005年11月文庫化初版

 
 正直言って、これは、良くいえば、一種の詩集。しかも、内容や文体から受ける印象としては15,6歳のレベル。

 写真と文体とはそれぞれ別個に、互いに無縁に、自己主張しているといった感があり、これも新種のコラボレーションなのかという印象もなくはない。

 互いに、厚手の紙のおかげで、僅かな文体と写真とで、一冊の文庫本を製作してしまい、読み手を詐取しているような感じも否めない。

 最近、こうしたタイプの本が氾濫しているが、こうした手法から新しい何かが生まれてくるのだろうか。


前後の記事

現在はコメントを受け付けておりません。

サブコンテンツ