はやくいって/サタミシュウ著

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はやくいって

「はやくいって」 サタミシュウ著
英訳「Killing me quickly with his story」
2008年から9年にかけ雑誌に掲載された6編の短編を収めたもの
2009年2月25日 角川書店より文庫化初版  ¥476+税

 

 「ザーヒル」という重苦しい本を読んだばかりだったため、軽いタッチの本をピックアップしたのが本書。

 「軽い」という目的は達せられたものの、本書はただのポルノ小説。

 ただし、ポルノとしては濃度にもエロ度にも欠け、タッチが軽すぎ、小説としては文学性が感じられず、すべての点で中途半端な印象。セックスそのものにも、思考にも深みが感じられないが、作者の人柄には可憐なものを感ずる。


前後の記事

現在はコメントを受け付けておりません。

サブコンテンツ