イチローUSA語録/デイヴィッド・シールズ著

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

書評:ためいき色のブックレビュー-イチロー
  

  「イチロ-USA語録」  デイヴィッド・シールズ編

  2001年12月1日 集英社新書初版 ¥660

 イチローがアメリカンメジャー世界に初めて飛び込んでいった2001年の初々しくも気取らず、かといって気後れすることもなく、アメリカのマスコミに対応してきた言葉の数々が英語と併記されている書で、面白い。中学生になら、きっと、勉強にもなるレベルでもある。

 アメリカの野球フアンがホームランに狂気していた時代、安打や盗塁、そして正確な遠投など、野球が本来もっている面白さを思い出させるという役回りに徹し、役を演ずることに成功したのがイチローだと、この編者は言う。

 アメリカ英語を難しくない程度で、感覚的に身につける目的にも合致する内容となっている。


前後の記事

«  (前の記事)

(次の記事)  »

現在はコメントを受け付けておりません。

サブコンテンツ