日本人なら知っておきたい武士道/武光誠著

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「日本人なら知っておきたい武士道」
武光誠著 KAWADE夢新書

 

 映画「ラストサムライ」で武士道がにわかに盛り上がったが、「武士道」の真実の姿を知るには本書一冊で足りる。映画は、むしろ「LAST」ではなく「LOSTサムライ」とのタイトルが似つかわしい。

 本書は新渡戸稲造の書いた「武士道」を一貫して批判することで成り立っているし、批判は正確かつ適切でもあるが、新渡戸の「武士道」の価値についてはもっと言及してもよかった。

 なぜなら、江戸末期に生まれた新渡戸が明治のはじめに英語で「武士道」を書いたという事実、西欧の哲学書、思想書、宗教書に関する造詣の深さをベースに西欧人のものの考え方を理解し、かつ比較しつつ推敲した事実、そして、日本人の書いた書籍が西欧で広く読まれた事実、この三つの事実はどんなに褒めても褒め足りない。だからこそ、紙幣の顔にもなった。また、現実に、むかし親からいわれたことのなかに、新渡戸稲造が本に書いてあることと同様の内容が多々あった。

 新渡戸はこの本を通じて西欧人に新興日本を理解させようとした、いわば宣伝である。内容に、誤謬、思い込み、思い入れなどが多少含まれたとしても、そして、ある意味でFAKEになったとしても、新渡戸の「武士道」の価値を損なうものではない。

 はじめに断ったが、武光誠氏の著作は「武士道」を正確に認識するうえで、明らかに一読に値する。

 私は新渡戸稲造の書いた「武士道」も、むろん、読んでいるが、彼の西欧における思想、哲学に関する知識には驚くほどで、いかに努力したかが、そう本人がいってるわけではないが、読み手の胸に迫ってくる。いうまでもないが、新渡戸の「武士道」は一読の価値以上のものがある。

 また、あえて言うが、新渡戸稲造は私が尊敬してやまない歴史上の人物の一人でもある。


前後の記事

現在はコメントを受け付けておりません。

サブコンテンツ