月のしずく/浅田次郎著

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

月


 「月のしずく」 浅田次郎著 文春文庫

 浅田作品は「鉄道員」(ぽっぽや)を読んだあと、「オーマイガッド」を読んで、この人の作品を読むことをやめていた。標題の作品は友人が贈ってくれたもの、短編集だが、作者の力量をあらためて感じさせてくれた。

 この作家が多芸であること、というより視座を自在に動かせるめずらしいタイプの作家であることはわかるが、そのためどの作品を読んでも満足ということにはならない。私個人は「ぽっぽや」タイプの真面目な作品が好きだ。「泣かせ上手」という点では、現今、この人を凌ぐ作家はいないだろう。


前後の記事

現在はコメントを受け付けておりません。

サブコンテンツ