秋田さんの卵/伊藤たかみ著

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秋田さんの卵」 伊藤たかみ(1971年生)著
2012年3月8日 講談社より単行本初版 ¥1400+税

 私の無知の所以だろうが、この作者が男なのか女なのかが解らず、交わされる会話にピンとこない内容のものが頻繁にあって、苛々させられた。

 女にさわられて勃たない状態のペニスをいうのか、勃つペニスをいうのか、「因果骨」という言葉が理解の埒外だった。

 ちなみに、本書もニつの物語を収めている。

 読む価値があるのか、ないのか、については、ここでは沈黙したい。


前後の記事

現在はコメントを受け付けておりません。

サブコンテンツ