逆説のニッポン歴史観(その1大戦後)/井沢元彦著

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぎゃくせつにっぽんれきしかん

「逆説のニッポン歴史観」 その1「太平洋戦争後」 井沢元彦著
帯広告:拉致犯罪国家を放置したのはいったい誰だ
小学館文庫  2005年1月初版

 「日本をダメにした戦後民主主義の正体」との副題がついているが、朝日新聞がクソミソ、ボロクソに書かれていて、胸がすく。

 考えてみれば、当時、北朝鮮は国内の実態を虚偽申告し、大量の在日朝鮮人を迎えいれ、あげく多くが行方不明になるか強制労働にまわされた。一方、当時の韓国は米軍との連携もあり、対北朝鮮への神経質なまでの防御姿勢をとり、それが結果的にKCIAを軸とする独裁的な強権を発動する政権だとの批判を浴びた。

 当時の日本の進歩的社会人の多くは、いわば「左翼」であり、戦後自分たちの立場を明確に、かつ有利に展開すべく、近未来の情勢変化を見逃して、でたらめ報道に邁進したのだとしか思えない。高校教師ら、とくに社会科の先生などは「共産主義がどれほど光栄に満ちたものか」を学生たちに力説したものだ。マルキシズムを理解しないやからはバカだといわんばかりに。

 ソ連解体後、共産主義という言葉は世界のほとんどの地域から消え、「死語」となりつつある。にも拘わらず、この国にはまだ「共産党」というのがある。寡聞にして知らないが、「共産」というからには、国の資産は国民全部の共有になるという理念をいまでも抱えているのだろうか。

 いずれにしても、天下の朝日新聞、岩波書店を向こうにまわして論難をする以上、井沢氏も腰をすえて取り組んでいる。

 それにしても、武力なき国である日本はいやま「格好のバッシング対象」、周辺の国から舐められきっている。「平和外交を金科玉条とするからにはこれくらいのことには堪えるのみ」と観念すべきなのかと、平和主義のおじさん、あばさんに聞いてみたい。靖国にお参りするかどうかは我国の決めることで、他国からいわれてはいそうですかと態度を変えるべきものではない。よけいなおせっかいというものだ。「尖閣列島は台湾のもの」だとか、「竹島は韓国のものだ」とか、「南鳥島は島じゃない」とか、領海ぎりぎりのところにガス開発のやぐらを建てるなど、戦後何十年もやってこなかったことをここにきて一斉に、まるで互いに裏で根回しをしたかのようにやってくる。これは明らかに日本をからかっているとしか考えられない。そのうち、ロシアもこの連携プレイのなかに入ってくるだろう。

 平和ボケ、ゆるふん精神の日本人への警鐘であり恫喝でもある。中国人も韓国人も日本人が往年の日本人でないことを戦後の長いあいだにすっかり学んでしまった。なんぼ「バカ」にしても、嘲笑しても、反撃はないと。

 「中国が国益に沿うことならなんでもやる」という点、同感である。歴史認識の違いがどうのこうのといちゃもんをつける一方で、年々軍事力を増強し、核武装を行い、チベットを中国領土にしてしまい、ために内憂を抱えつつも、中東に武器輸出を行う。見事な外交姿勢というしかない。

 中国は日本がかつて南京で何十万もの虐殺を行ったことを歴史に記している。しかし、中国政府が近世から現今にいたるまでの自国民や周辺国(ベトナム、チベット)人をどのくらい殺したかについては歴史書には書かれていない。これも中国政府のやりかたである。ことに毛沢東時代の殺人の数は一千万単位であることを忘れてなるまい。 (いっておくが、日本軍による南京の虐殺の確たる人数はいまだに不明である)日本の教科書を云々するのなら、中国の教科書も史実をありのままに改めるべきではないか。

 我国の教育現場崩壊の元凶は自信喪失の教師と、少子化によってますます子供に入れ込むPTAの存在である。教師が一切の体罰を禁じられて、子供がまともに育つわけがない。


前後の記事

現在はコメントを受け付けておりません。

サブコンテンツ