「感動のシーン」カテゴリの記事 16 件

夕焼けて色めきたるや富士の山

 あえて画像は提供しないが、西方に浮かぶ霊峰はこのところその姿を頻繁に見せる。昨日は初冠雪との報道が届けられた。  メディアは遠くない招来の爆発をそれとなく示唆しているが、子供の頃から富士を眼にすることが日課であり、存在・・・

夕焼けに染まった富士

富士山

 「夕焼けに染まった富士」を久しぶりに見た。しかも、真夏に。  富士山を目にすることは即、「幸運に繋がる」と思っている。

ブータン国王からの贈り物「シボリアゲハ蝶」

(ウエブログより)  今朝、NHKで知ったばかりだが、今回の訪問で、ブータン国王は上に示した珍種「シボリアゲハ」という、5千メートル前後の地域に住む蝶を贈り物として日本に持ってきたという。むろん、この種が珍しい種であるこ・・・

曼珠沙華の季節にお別れの俳句

曼珠沙華の季節を偲んでお別れの俳句を思い浮かぶままに 草原を 血の海にして、曼珠沙華 情念の 焔(ほむら)をうちに、曼珠沙華 死人(しびと)とも 呼ばれる妖気、彼岸花 妄想を 誰にもさせる 怪異花 毒花の 肢体に惹かる ・・・

小惑星探査衛星「ハヤブサ」の帰還

  「小惑星探査衛星・ハヤブサの帰還」  ハヤブサが小惑星探査衛星であり、地球と火星のあいだを周回する「イトカワ」まで期間にして2年、距離にして3億キロにわたる旅をするために5年前に発射されたことは以前から報道を通して知・・・

グローバル家族と男の趣味

 長年交際している家族に、一家全員がグローバルに動き、地球上を股にかけて生活している家族がいる。  奥さんのNさんは、むかし私がアメリカ観光客を相手にして、巨大オペレーションを帝国ホテルを舞台にハンドルしたときアシスタン・・・

碁盤、碁石、御城碁の棋譜の寄贈

 前回のブログで、3年で2段の免状を棋院から取得したことはすでに触れたが、2段に昇格したとたんに人事異動があり、外国人観光客を誘致する業務部門へ配置転換され、同じ「ゴ」が付く言葉ながら、こんどは「語学」に専心しなければい・・・

バリ島駐在記「スパイだった日本人と結婚したバリ人の妻と、その家族」

 1997年、バリ島で一人のバリ娘と出遭った。年齢は26歳、黒髪を長く垂らした容姿が少女のような娘だ。 「わたしの体には日本人の血が四分の一入っているんですよ。父の父が日本人なんです」というプライバシーの開陳が、私の興味・・・

バリ島駐在記「サンギラン(ジャワ島)」

(サンギラン博物館内部) (サンギラン周辺の風景)  これは「ルピア」から始まり「化石」に継ぐ続編「第三編」である。  さて、キリギリスの店舗でカニの二匹入った化石を包ませて、一歩動いたとたん、 「だんな、うちにだって、・・・

バリ島駐在記「インドネシアの化石」

 前ブログ「通貨ルピアの暴落」の続編。  現地通貨が暴落していたころ、私はジャワ島の「ボルブドゥール遺跡」の名で知られたジョグジャカルタに飛び、そこで現地のオペレーターのボスと合流、そのまま彼の車で「ブンガワン・ソロ」の・・・

サブコンテンツ