「海外時評」カテゴリの記事 10 件

狂牛病も口蹄疫もイギリスが先進国

  「狂牛病も口蹄疫もイギリスが先進国」  首題の病気は二つともイギリスで発症したのが初めてだったが、さすがに紳士の国、これを隠そうとしたり、アメリカのようにいい加減な対応ですませ、日本をはじめとする他国に輸入を強いるよ・・・

タイの騒乱に哀感

 「タイの騒乱に哀感」  タイ人はもともと穏やかな性格で知られた民族、ひところに比べ経済状態も良くなっているとばかり思っていた。  騒乱はタクシン元首相の帰国と政権の座への復帰を願って始まったものだが、哀しいと感ずるのは・・・

アイスランド火山爆発再び

 字義通り「荒ぶる地球」というほかはない。  アイスランドの火山が再び爆発したたため、噴煙の影響で、ロンドンのヒースロー空港をはじめ、オランドのスキポール空港も閉鎖という事態に陥った。  我々は地球が生き物であることを忘・・・

アイスランドの火山噴火・その後

  「アイスランドの火山噴火・その後」  最近になって、ようやくアイスランドそのものの映像が流れるようになったが、どうやらアメリカメディアの介入らしい。昨日も、火山灰に覆われた道路を灰を巻き上げながら走るバイクの姿が映し・・・

アイスランドで火山が噴火・大自然の牙

 アイスランドはアメリカ発の金融恐慌の影響を受け、世界で最初に倒産した国である。理由はプライムローンによる住宅販売の投機に大量の金額を賭けていたためだけでなく、販売もしていたため。  アイスランドはイギリスの北西に存在す・・・

文化遺産の返還要求

  「文化遺産の返還要求」  世界に冠たる博物館としては上記写真にある大英博物館、アメリカのボストン博物館、フランスのルーブル博物館、ドイツのベルリン博物館、台湾の故宮博物館などがあるが、いずれも日本の博物館など足元にも・・・

日本文化が欧州で開花とは!

 「日本文化が欧州で開花とは!」  TVから得た知識だが、日本文化の欠片みたいなものがいま欧州でもてはやされていることを知り、「えぇ!?」という気持ちに陥った。  漫画は、翻訳されているため、日本語でじかに読むのに比べれ・・・

最近の中国の動きは「文明の自殺」を裏書するもの

 最近の中国の動きは先月(2009年6月)に書評した「文明の自殺」を裏書するものである。  ウィグル族の怒りは単に経済格差だけにとどまらない。  中国共産党のやり口は、チベット自治区でかつて胡錦濤が若いときに自らやったの・・・

「Yes,We can」は微妙

 「Yes,We can」は微妙  アメリカ発の金融恐慌が世界を席巻、蹂躙している現状下、新大統領の就任演説を世界中が期待をもってTVに見入った。当然ながら、世界各国は一様に貿易の落ち込み、ドルの下落に悲鳴を上げている。・・・

荒ぶる地球

 (写真はパプアニューギニア)  「荒ぶる地球」  新年早々(1月4日早朝)、ニューギニア近海でマグニチュード7.5の地震があったこと、遠く日本の太平洋沿岸に津波が押し寄せていることが報道されていた。  いうまでもなく、・・・

サブコンテンツ