世界史・パート18「エジプト」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピラミッド

「世界史」パート18

  エジプト

 エジプトとメソポタミアとは、いずれも古代文明として名高いが、互いに地理的に近い位置にあり、そのような事情が古代オリエントに、他の地域に先駆けて国家というものを誕生させた。前2000年には、エジプト人はバビロニア人のほかにヒッタイト人、ギリシャ人といった進んだ文明をもつ国を支配下に置いたが、前1500年ころには、オリエント一帯で国家間の抗争、紛争が絶えず、ことに国境を接する古バビロニア王国、ミタン二王国、ヒッタイト王国などとのあいだでは戦争が日常的にあった。

 エジプトに関してはこれ以上は触れないこととする。

 


前後の記事

現在はコメントを受け付けておりません。

サブコンテンツ