米軍基地家庭で人気だったドリフターズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨晩はドリフターズの懐かしい場面が集約放映されたが、思い出したのは当時世の中の親たちが、唐突に世に出てきた「下品で低劣な全員集合」への対応、つまり、子供の目をTV画面から守るという意味で、四苦八苦したことだ。

 ところが、沖縄に赴任して、この番組への新しい見方に遭遇した。それは「沖縄の人間」ではなく、「米軍基地の軍属の家庭」でのことで、この番組がウェルカムされていたことだ。言われてみれば、言語を理解しないかれらの目に見て理解できたのが、かろうじて「ドリフターズの全員集合」だったということで、この皮肉に思わず笑ってしまった。


前後の記事

現在はコメントを受け付けておりません。

サブコンテンツ