アニメ「NANA」に禁煙学会からクレーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「アニメNANAに禁煙学会からクレーム」

 禁煙学会からティーンエイジャーが喫煙する場面に対しクレームがつけられた。医師として、当然の姿勢だと思っていたら、大半の日本人から「喫煙は自己責任だ」という意見が禁煙学会に寄せられたとことに私は驚いた。

 日本人の大半は煙草産業をベースに政府が莫大な税収を得ている現実と、「喫煙は自己責任だ」というJTから多額の研究費をもらっている御用学者のつくった「まやかしな理屈」を強調してきたことに影響されているらしく、欧米諸国の人々のような「喫煙者に対する猛烈な反対運動や思想」が欠落しているように思われる。

 JTが日本政府の経営で始まったことに大きな原因があると思量するが、欧米では決して認められることのない「マイルド」「ライト」「ウルトラマイルド」「ウルトラライト」などという表示そのものが、この国では後進国並みに通用している実態ガ暗示する大きな差を国民は認識していない。

  

 JTが西欧で日本製の煙草を販売努力しているが、西欧諸国の政府から「煙草にはライトとかマイルドなどという形容詞はあり得ない」と明言され、名前を変更するように強制された例を、報道関係者はもっと国民に報道すべきだと思う。

 自動販売機が住宅地域に存在すること自体、欧米ではあり得ない。喫煙の害を甘くみさせているとしたら、それはJTとそこから莫大な税収を期待する政府の策略が成功しているだけのことで、「喫煙」と「麻薬」との差は日本人一般が考えているほど遠隔の距離にはない。

 国が営業していた過去の事実に過剰な信頼を寄せること自体、バカげているし、アルコール中毒者は隔離されることが可能なのに、喫煙中毒者は放置されたままで、本人がやめたくともやめられなくなってしまっている人も僅かな数ではない。現実に、百万人以上の人が「肺気腫」(COPD)にかかっている。

 JTに尋ねてみたいのは、「お宅の社員は全員タバコを吸っているんですか?」ということだ。タバコが健康に良いなどということは決してあり得ないし、「自己責任」という言葉を編み出した罪は未来永劫消えることはない。もし、このままJTが煙草を売り続けるのであれば、「JTの社員全員は死ぬまで喫煙をやめずに吸っていろ」と言いたくなる。

 「自己責任」というのならば、アルコール中毒だって、麻薬中毒だって、みんな自己責任ではないのか。喫煙だけを別扱いにする魂胆は税収にあり、「喫煙だけを自己責任というこにしておけば、国民を納得させられる」という醜悪、かつ狡猾な意図が裏にあり、JTも日本でだけは「ライト」「マイルド」のようなまやかし言葉をやめようとの意思は持たない。 私は「汚いやり方だ」と思っている。

 もっと言わせてもらうなら、喫煙に対する考え方が日本人一般が甘すぎる素因はJTと政府に誘導された結果であり、こういう多数決、民主主義というものにリスクを感ずる。


前後の記事

«  (前の記事)

(次の記事)  »

現在はコメントを受け付けておりません。

サブコンテンツ