中国の対応、本来なら戦争の危機

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  ここでいう「中国の対応」とは、日本の大使が中国で受けた侮辱的な態度に関する法的処理である。かれらが示したのはほんの10日前後拘留することでお茶を濁そうとしていることで、よくいえば中国人民の暴力的な動きを刺激しないためにということだろうが、同じことが、もし、アメリカ大使に起こったら、こんな簡単な対応ではすまなかっただろう。

 要するに、日本は完全になめられているということだ。

 憲法改正するところから、これからの日本を変えていかないと、周辺国からいいようにこずかれることになる。憲法改正から、議会議員数の大幅減、自衛隊の正規軍への変更、軍備費への更なる充当、中国の海軍増強あたりにビビッている場合じゃない。戦を厭うていたら、中国にももちろん、韓国にもやられる。一度の敗戦に「戦はこりごり」などと言っているのは日本だけ。島国であるがゆえの世間知らずの小心者というべきか。

 「もし日本が今以上の尖閣への接触をなしたならば、それに応じたリスクのあることを知っておけ」とは中国外交官の正式発言である。日本とは戦争をも辞さない根性が、言葉としては「今後も安定的な関係を維持するために」と、暴言というより恫喝している。「平和が好き」などと悠長なことを言っている福島氏などを政界に送る国民こそがバカなのだ。そういう発想が世界では通らないことは常識以前のこと。

 少子化に高齢化がこの日本の社会現象、そのうえ、男たちは少年や少女を虐待したり、スカートの下を撮影したり、厚顔無恥そのものの犯罪がほとんど連日にわたってニュース提供されている。男が、誰もが、軟弱になっていると思うしかない。無礼があった白人を一刀のもとに斬殺した江戸期の大和魂はどこにいったのか。後日、腹を斬る立場に追い込まれはしたが。

 だいたい、尖閣諸島にはかつて日本人が200人以上居住していたし、船着場もつくっていた。周辺に地下資源があるのではという話が出たとたんから、台湾と中国が領有を主張しはじめた。根性が汚い。

 むろん、おおむかし琉球王朝が中国王による冊封に応えて、毎年船を中国に走らせ、薩摩芋をもらってきたり、黒豚をもらってきたりした経緯があり、中国側からも船を那覇に派遣したことも再三。そのとき、尖閣諸島が目印になったかのような記述もあるが、地理的に見て、それはないだろうと私は思っている。

 ただ、琉球の各エリアで使われている方言はすべて日本の古語がベースであり、それぞれのエリアに行き着くまでに省略があったり、訛ったり、して受け継がれている。今でも、多くの言語学者が沖縄を訪れる。

 言葉以外は日本よりも中国風が多い。食料に関するアドバイスはほとんど中国が提供している。沖縄本島のヤンバル(山原・明らかに日本語が源流)に成る小さいけど酸っぱいシークヮーサーの語源は中国のシークォーであり、「カチャーシー」という踊りは、そこにいる人はみな喜びを表情に出して躍る習慣になっているが、これも中国語の「家長喜」が語源であろう。

 ある時期、琉球が台湾とともに中国の属国並みに想定されていたことは事実である。

 今、日本に必要な人材はディシジョンが的確で、言動が迅速な人。そして、法案策定にも裁判判決にもせめて世界の平均速度を維持すること。


前後の記事

現在はコメントを受け付けておりません。

サブコンテンツ