中国は日米関係の脆弱化を探っている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

書評:ためいき色のブックレビュー-オス

 

  民主党が政権を取って以来、何にかかわっても行動も回答も遅く、苛々させられてきた。もたもたさせられているなかには、沖縄の米軍基地などのほか、エネルギー源としてのメタンガスの件もある。日本の海には大量のメタンガスが存在することは前々から言われている。

 ボンクラの鳩山が訪米したとき、沖縄における米軍キャンプのことは心配いらないとオバマに告げ、よせばいいのに、下手な英語で、「Trust me」などと言って帰国した。沖縄県に対して約束したなかに、「米軍基地は県外か海外に移す」というのがありながら、なぜこういういい加減なことを口にするのか。

 日本が「てめえの国なんだから、てめで守るよ」とタンカを切る度胸もなく、ドイツ並みの憲法改正すらできもせず、結局はアメリカの軍事力を頼りにする以上、沖縄の米軍基地にはそれなりの配慮が必要なことは、地理的位置が位置だけに、あたりまえの思考というものだ。

 沖縄における米軍基地がバタバタしているとき、米軍はかねての約束通り、オスプレイ(写真)の沖縄県カデナ基地にもっていこうとしている。これにも、政府は必要以上に時間をかけた。

 中国が「日米間にわだかまりがあるのでのは?」「二国間の信頼関係は脆弱化しているのでは?」と勘ぐるのは当たり前だし、沖縄から米軍が消えるなら大歓迎というところだろう。

 中国はかつて日本が恫喝し、清の時代に宣戦布告されて、当時はまだ琉球だった島々を日本領土としたように、軍事力をひけらかして尖閣諸島だけでも堂々とわがものとしようという考えだろう。

 南沙諸島に軍艦を送って、一部を囲ってしまい、南シナ海をわがものにした経緯は知っておいたほうがいい。

 尖閣諸島の上空を数機のオスプレイが威嚇飛行する風景を見たいものだ。もしくは、尖閣諸島を米軍の基地として提供してしまう手もなくはないだろう。

 ただ、日本と中国とが戦争も辞さないという事態に発展したとき、世界が日本を支持すると思っている日本人が多いようだが、お門違いも甚だしい。現在、ほとんどの国が経済的に中国市場を失ってはやっていけないし、日本が頼りにしているアメリカですら、「どちらの肩ももたない」ことを明言している。

 自国を自国の力で守らないことがこういう結果を導いたのだし、世界中が「戦争はもうこりごり」だと思っているわけではないことを知るべきだ。

 ついでに記しておくが、世界人口における中国人の占拠率はすさまじい高さである。中国政府が発表している人口も精度を欠いているし、世界に散って生活している中国人もまたすさまじい数だ。彼らの海外での人口増(華僑)について、たとえばだが、ニューヨークのマンハッタン島は毎年10センチずつオーナーは中国人になっているし、カナダでは、とくにバンクーバアーに増えたし、経済が向上して以来、かれらにつきものの賄賂や不正に得た金は中国人マーケットのなかにある。

 日本だって、あっちこっちの緑地帯が中国人に買われている。100年後、地球上は中国人で溢れ、日本全体が中国領になっているかも知れない。


前後の記事

現在はコメントを受け付けておりません。

サブコンテンツ