澤穂稀の最優秀選手賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「澤穂稀の最優秀選手賞」

 本日、スイスで首記の賞が「なでしこJAPAN」を優勝に導いた澤穂稀選手に与えられた。

 私が「すごい人だな」と思ったのは、主催者が振袖を着た彼女にスピーチを依頼したとき、英語を使わず、日本語で挨拶したことである。

 なぜなら、彼女は過去長い間アメリカに在ってプレイしていた人であり、英語を口にすることに逡巡するいわれがないからで、後でそのことを質すと、「日本を代表しているという意識で振袖を着ましたから、スピーチも日本語でやる、すべて和の精神でやりきるのが当たり前だと思っていました」との回答に、この人がサッカーが上手なだけの人でないことを認識、感動した。

 多くの外国のメディアに囲まれている、あの場面で、英語を全くしゃべらなかった澤穂稀選手の人間性は半端でない魅力に富んでいることをあえて本ブログに記しておきたい。


前後の記事

現在はコメントを受け付けておりません。

サブコンテンツ