財源不足をどう補うか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「財源不足」だという。だから、「税金の段階的値上げ」は仕方がないという。

 財源の補充はまず、国会議員の数を半分に減らすこと、いわゆる議員と呼ばれる人間が、区議会、県議会、市議会などなど、どこも多すぎる。どこもが半分は脳足りんか、ただのタカリ。そういうやつばかり集めても金が出ていくばかりで、建設的なことなどできるわけがない。

 その上、どこもがくだらない施設をつくり、くだらない視察旅行をし、国民の税金を無駄に使ってきたし、いまなお使っている。

 政治の世界が倒産寸前までいった日本航空のようになって、見事に自力更生する形をとれば、税金など僅かに上げるだけで充分ではないか?

 政治家がまず自ら身を切る覚悟がなくて、政治自体のクリーンアップもできないし、まともな政(まつりごと)などできるわけがない。

 だいたい、小沢一郎や鳩山一家のような、金権政治から生まれ出たような政治家を慕って、くっついて歩く連中の神経が不可解。


前後の記事

現在はコメントを受け付けておりません。

サブコンテンツ