「エッセイ」タグが使われている記事 13件

微熱の島 台湾/岸本葉子著

びねつのしま、たいわん

「微熱の島 台湾」 岸本葉子(1961年生)著 1989年凱風社より単行本初版 1996年10月15日 朝日文庫より初版 ¥630+税  1988年に台北から花蓮、1989年に基降(キールン)へと、二度一人旅をしたときの・・・

私が生まれた日/池波正太郎著

「私が生まれた日」 池波正太郎(1923-1990)著 副題:池波正太郎自選随筆集(1) 1996年7月1日 朝日より文庫化初版 ¥680+税  時代小説の大家として名を馳せた人だが、私はこの作家の小説を読んだことはない・・・

人イヌにあう/コンラート・ローレンツ著

「人イヌにあう」 コンラート・ローレンツ(Konrad Zacharias Lorenz/1903ー1989/オーストリア人)著 訳者:小原秀雄 原題:So kam der Mensch auf den Hund 196・・・

司馬遼太郎が考えたこと(5)/司馬遼太郎著

司馬遼太郎が考えたこと5

「司馬遼太郎が考えたこと」(5) 司馬遼太郎著 1970年2月~1972年4月までのエッセイ65篇 2002年 新潮社より単行本 2005年4月1日 新潮社より文庫化 ¥667+税  広範な知識をベースに豊かな想像力を駆・・・

司馬遼太郎が考えたこと(3)/司馬遼太郎著

司馬遼太郎が考えたこと3

「司馬遼太郎が考えたこと」(3) エッセイ(1964・10-1968・8) 2005年2月1日  新潮社より文庫化初版 ¥743+税  本書は新聞、雑誌、週刊誌、講演録、談話、対談、鼎談、座談会などに執筆したり、連載した・・・

覚えていない/佐野洋子著

覚えていない

「覚えていない」 佐野洋子(1938年生)著 帯広告:生きることが百倍味わい深くなる痛快エッセイ集 2006年8月 マガジンハウス社より単行本 2009年8月1日 新潮社より文庫化 ¥400+税  著者は絵本作家であり、・・・

司馬遼太郎が考えたこと(2)/司馬遼太郎著

司馬遼太郎が考えたこと2

「司馬遼太郎が考えたこと」 (2) エッセイ(1961.10 ~ 1964.10) 司馬遼太郎著 2005年1月1日 新潮社文庫化初版  ¥705+税  本書の「1」については、2005年5月27日に本ブログに書評してい・・・

オーラの条件/林真理子著

「オーラの条件」  林真理子(1954年生)著 2004年12月から2005年11月まで週刊文春に掲載されたエッセイを単行本として2006年に発刊。 2009年3月10日、 文春で文庫化初版  ¥476+税  残念ながら・・・

白蛇教異端審問/桐野夏生著

白蛇教異端審問

「白蛇教異端審問(はくじゃきょういたんしんもん)」 桐野夏生(1951年生)著 文春文庫  2008年1月初版  本書はこの作者初のエッセイで、この仕事の依頼を受けたときは、苦手意識が先に立って、困惑したとある。  作者・・・

数学者の休憩時間/藤原正彦著

「数学者の休憩時間」 藤原正彦(1943年生)著 新潮文庫  1993年2月文庫化初版  本書は「国家の品格」などに比べると、だいぶ古い1993年の執筆だが、この作者の頭脳を占める「情緒」「思いやり」「ものの哀れ」「男は・・・

サブコンテンツ