「天文学」タグが使われている記事 8件

ファースト・コンタクト/金子隆一著

   「ファースト・コンタクト」 金子隆一(1956年生/サイエンスライター)    副題:地球外知性体と出会う日    1998年10月20日 文芸春秋社より新書初版 ¥720  帯広告にはこうある、「地球外知性体は銀・・・

天体写真でひもとく宇宙のふしぎ/渡部潤一著

「天体写真でひもとく宇宙のふしぎ」  渡部潤一(1960年生/理学博士)著 副題:星の産声から墓場まで130億光年の宇宙の旅 2009年11月24日 ソフトバンク・サイエンス新書初版 ¥952+税    本書は・・・

カメレオンは大海を渡る/橋元淳一郎著

  「カメレオンは大海を渡る」  橋元淳一郎    早川書房  2003年6月文庫初版  本来、「名は体を現す」べきであり、「タイトルは内容を示唆する」べきものだが、本書の内容は宇宙、太陽系惑星、地球などの天文学や物理学・・・

一億個の地球/井田茂&小久保英一郎著

いちおくこのちきゅう

「一億個の地球」 井田滋・小久保英一郎共著 岩波新書 1999年12月 初版  地球と同じような惑星が銀河系に存在するか否かをコンピューターを駆使、数々のシュミレーションを行い、最新の観測技術を使って調査した結果を本書に・・・

アインシュタインの宿題/福江純著

「アインシュタインの宿題」 福江純著 光文社知恵の森文庫 2003年9月文庫化初版    アインシュタインが残したものは以下。 1. 光速度不変の原理(有限の原理) 2. M=mc2 (エネルギーは質量と等価)・・・

論争する宇宙/吉井譲著

「論争する宇宙」  吉井譲著 副題:「アインシュタイン最大の失敗」が甦る 集英社新書 2006年1月初出  天文学の世界の裏話と、歴史的な発見や理論の構築にいたった諸々のケースについて詳しく書かれている。そのことがまず天・・・

相対論的宇宙論/佐藤文隆・松田卓也著

「相対論的宇宙論」 佐藤文隆、松田卓也共著 講談社ブルーバックス  さきに紹介した佐藤氏の三作を読了した方で、さらに天文学に関心のある方には本書をお勧めする。ただし、天文学的数式に不慣れだと、その部分は飛ばして読むほかは・・・

佐藤勝彦氏による宇宙物理学・天文物理学に関する著作のすすめ

 私は高校、大学時代、数学、物理、科学、いずれもダメだった。興味も関心もなかった。  それなのに、社会人となって十年以上経って突然天文学に目覚めた。というより、「宇宙の子」の一人として生きている自分を、地球を、惑星を、銀・・・

サブコンテンツ