「日高敏隆」タグが使われている記事 7件

ネコはどうしてわがままか/日高敏隆著

「ネコはどうしてわがままか」 日高敏隆(1930年生/動物学者)著 2008年6月1日 新潮社より文庫化初版 ¥400+税    本書はタイトルの「ネコはどうしてわがままか」との主題とは裏腹に、私たちの生活圏か・・・

文明化した人間の八つの大罪/コンラート・ローレンツ著

「文明化した人間の八つの大罪」 K.ローレンツ(Konrad Lorenz/1903年生/オーストリア人)著 訳者:日高敏隆、大羽更明 1973年9月  新思索社より単行本初版 ¥1600  作者は医学、哲学、心理学、人・・・

動物と人間の世界認識/日高敏隆著

「動物と人間の世界認識」 日高敏隆著 ちくま学芸文庫  2003年12月単行本 2007年9月文庫化初版    本書は面白く、楽しいだけでなく、学ぶ点が多い。 以下に、エキスを列記する。 1.1930年代にドイ・・・

人間はどこまで動物か/日高敏隆著

「人間はどこまで動物か」 日高敏隆(1930年生)著 新潮文庫  2006年12月初版  作者は動物学の学者であり、現在「総合地球環境学研究所」の所長をしている人物で、内容は40の超短編を並べたエッセイだが、上記タイトル・・・

利己的な遺伝子/リチャード・ドーキンス著

利己的な遺伝子

「利己的な遺伝子」 リチャード・ドーキンス(Richard Dawkins/1941年生/イギリス人)著 原題:The Selfish Gene 訳者:日高敏隆、羽田節子、岸由二、垂水雄 紀伊国屋書店 単行本 2006年・・・

裸のサル/デズモンド・モリス著

「ヴィジュアル版 裸のサル」  デズモンド・モリス (イギリス人)著  日高敏隆訳  河出書房新社刊  単行本  定価¥3,903    本書は人間「裸のサル」を他の動物と対比し、吟味することで、より深くわれわ・・・

ソロモンの指環/コンラート・ローレンツ著

「ソロモンの指環」 コンラート・ローレンツ (オーストリア人)著 日高敏隆訳  早川書房刊    本書は1949年の作品ながら、いなまお高い評価を得ている。 世に名高い「動物の刷り込み」理論は地道な観察の結果認・・・

サブコンテンツ