「フランス」タグが使われている記事 18件

ナポレオンの妹/フローラ・フレイザー著

ナポレオン妹

「ナポレオンの妹」  フローラ・フレイザー(イギリス人作家)著 訳者:中山ゆかり 2010年9月10日 白水社より単行本初版 ¥2,600  有名人の妹がことさら採り上げられるには、ことさらの意味があってのことだろうと思・・・

エッフェル塔ミステリー/倉田保雄著

「エッフェル塔ミステリー」  倉田保雄(1945年生/共同通信社時代にパリ市局長を経験)著 1983年 「エッフェル塔物語」とのタイトルで岩波新書より発刊 2010年2月20日 近代文芸社より訂正、加筆後、単行本初版 定・・・

バスク人/ジャック・アリエール著

「バスク人」  ジャック・アリエール(フランス人)著 訳者:萩尾生(1962年生) 1992年11月10日 白水社「文庫クセジュ」初版 ¥951+税  私がバスク人に関心を持つようになったきっかけは司馬遼太郎の「街道シリ・・・

私が生まれた日/池波正太郎著

「私が生まれた日」 池波正太郎(1923-1990)著 副題:池波正太郎自選随筆集(1) 1996年7月1日 朝日より文庫化初版 ¥680+税  時代小説の大家として名を馳せた人だが、私はこの作家の小説を読んだことはない・・・

パリが沈んだ日/佐川美加著

  「パリが沈んだ日」  佐川美加(1960年生/日仏図書館情報学会会員)   副題:セーヌ川の洪水史   帯広告:紀元前以来くりかえされてきたパリの洪水、もう一つのパリ史   2009年11月5日 白水社より単行本初版・・・

フランス史10講/柴田三千雄著

「フランス史10講」 柴田三千雄(1926年生/フランス史専攻/東大名誉教授)著 2006年5月19日 初版  ¥780+税    「メロヴィング朝」を読んで腑に落ちなかったり、フランス史にさらなる興味を惹かれ・・・

メロヴィング朝/レジーヌ・ル・ジャン著

メロヴィング朝

「メロヴィング朝」 レジーヌ・ル・ジャン(フランス人歴史家)著 訳者:加納修 帯広告:フランク王国最初の王朝、その権力と社会を解説 2009年9月5日 白水社 文庫クセジュ(新書サイズ)初版 ¥1050+税  メロヴィン・・・

フランスものしり紀行/紅山雪夫著

「フランスものしり紀行」 紅山雪夫(1927年生)著 1994年4月 トラベルジャーナルより単行本 2008年5月1日 新潮社より文庫化初版 ¥590+税    フランスを旅した紀行文だと勘違いして入手したのが・・・

屋久島ジュウソウ/森絵都著

「屋久島ジュウソウ」  森絵都(1968年生)著 2009年2月25日  集英社より文庫化初版 ¥514+税    本書は、2002年に発表された「Slight sight-seeing」に、2005年に発表さ・・・

わたし色のパリ/中村江里子著

「わたし色のパリ」 中村江里子(1969年生/元アナウンサー/現在パリ在住)著 KKベストセラーズ刊 2009年3月24日 単行本初版 ¥1500+税 帯広告:この国に、人に、空気に、惹かれる想いが強くなる。メトロの音楽・・・

サブコンテンツ