「俳句」タグが使われている記事 10件

暇つぶし/思いつきの俳句

窯入れの直前 赤花 筋太く 山岳の凹凸の峰 なお月の下

さりながら/フィリップ・フォレスト著

「さりながら」  フィリップ・フォレスト(フランス人/1962年生)著 訳者:澤田直 2008年12月15日 白水社より単行本初版 ¥2,400    表題の「さりながら」は江戸時代に生きた俳人、小林一茶の「露・・・

ちいさな言葉/俵万智著

「ちいさな言葉」 俵万智(1962年生)著 副題:言葉を獲得していく幼子との、発見に満ちた日々 2010年4月6日 岩波書店より単行本初版 ¥1500+税  子育ての経験者には理解できることだが、幼児が言葉を覚えていく過・・・

巨人たちの俳句/磯辺勝著

「巨人たちの俳句」 磯辺勝(1944年生/エッセイスト・俳人)著 副題:源内から荷風まで  平凡社 2010年4月15日 新書初版 ¥760+税    タイトルにある「巨人たち」とは俳句の世界に生きた俳人たちで・・・

曼珠沙華の季節にお別れの俳句

曼珠沙華の季節を偲んでお別れの俳句を思い浮かぶままに 草原を 血の海にして、曼珠沙華 情念の 焔(ほむら)をうちに、曼珠沙華 死人(しびと)とも 呼ばれる妖気、彼岸花 妄想を 誰にもさせる 怪異花 毒花の 肢体に惹かる ・・・

17音の青春-2010/学校法人神奈川大学広報委員会編

「17音の青春ー2010」  学校法人神奈川大学広報委員会編 副題:五七五で綴る高校生のメッセージ 帯広告:神奈川大学全国高校生俳句大賞ー2010 2010年3月20日 学研より新書初版 ¥700+税    本・・・

芭蕉/田中善信著

「芭蕉」  田中善信(1940年生/白百合女子大学教授)著 副題:「かるみ」の境地へ 2010年3月25日 中央公論より新書初版 ¥900+税  佐保姫の、春立ちながら、尿(しと)をして  芭蕉は若い頃、源氏物語や峡衣物・・・

きょうの一句/村上護著

「きょうの一句」  村上護(1941年生/山頭火、明治俳句、歳時記の研究者)著 副題:名句・秀句365日 2005年1月1日 新潮社より文庫化初版  ¥552+税    俳句は好きだが、自分に秀句や名句はつくれ・・・

おくのほそ道/松尾芭蕉著

おくのほそみち

「おくのほそ道」 松尾芭蕉(1644~1694)著 50歳にて逝去 角川書店編 ビギナーズクラシックス 2001年7月文庫化初版  本書を読書対象に選んだのは初めて。「おくのほそ道」とのタイトルは、それだけで圧倒的な魅力・・・

トリアングル/俵万智著

「トリアングル」 俵万智著  中公文庫 2004年単行本   2006年9月文庫化初版  1987年に世に出た「サラダ記念日」があまりに衝撃的で、それまでの和歌のイメージを根底から覆したため、そのときの衝撃が、「カンチュ・・・

サブコンテンツ