「日本滞在記」タグが使われている記事 12件

十七世紀のオランダ人が見た日本/クレインス・フレデリック著

「十七世紀のオランダ人が見た日本」 クレインス・フレデリック(Frederik CRYNS/1970年生/ベルギー人)著 2010年7月20日 臨川書店より単行本初版 ¥2600+税  前書きに「本書の目的は17世紀のオ・・・

カラカウア王のニッポン仰天旅行記/ウィリアム・アームストロング著

「カラカウア王のニッポン仰天旅行記」 ウィリアム・M・アームストロング(1835ー1905/アメリカ人)著 1995年3月 小学館より単行本として刊行 2000年7月1日 小学館より文庫化初版 ¥676+税  ハワイ王朝・・・

日々の非常口/アーサー・ビナード著

日々の非常口

「日々の非常口」 アーサー・ビナード(Arthur Binard/在日アメリカ人/1967年生)著 帯広告:アーサー氏のフツーの日々はこんなにも刺激的 2005年8月 朝日新聞社より単行本 2009年8月1日 新潮社より・・・

シュリーマン旅行記 清国・日本/ハインリッヒ・シュリーマン著

「シュリーマン旅行記 清国・日本」 ハインリッヒ・シュリーマン(Heinrich Schliemann/1822-1890/ドイツ人)著 原題:La Chine et le Japon au temps présent ・・・

ジャポンスコ/ヨゼフ・コジェンスキー著

「ジャポンスコ」 ヨゼフ・コジェンスキー(ボヘミアン・1847年生)著 副題:ボヘミア人旅行家が見た1893年の日本 訳者:鈴木文彦(チェコ語からの翻訳) 1985年 サイマル出版より単行本 2001年2月1日 朝日新聞・・・

逝きし世の面影/渡辺京二著 (その2)

「逝きし世の面影」  渡辺京二著 平凡ライブラリー 裏表紙:あまたの文献を渉猟し、それからの日本が失ってきたものの意味を根底から問う 2005年の文庫化初版から2009年まで17回の重刷  「書評その1」からの続き。  ・・・

逝きし世の面影/渡辺京二著 (その1)

「逝きし世の面影」 渡辺京二(1930年生/日本近代史家)著 帯広告:絶賛の声鳴り止まぬロングセラー 和辻哲郎文化賞受賞 2005年9月9日平凡ライブラリーより文庫化初版 ¥1,900+税  書評「その1」  タイトルと・・・

喪失の国・日本/M.K.シャルマ著

喪失の国、日本

「喪失の国・日本」 M.K.シャルマ(M. K. Sharma/インド人/1955年生)著 訳者:山田和(インド研究家/インド訪問は頻繁) 帯広告:インド・エリート・ビジネスマンの「日本体験記」 1998年に雑誌「諸君」・・・

(新編)日本の面影/ラフカディオ・ハーン著

「(新編)日本の面影 」 ラフカディオ・ハーン(1850-1904)著 池田雅之訳  角川ソフィア文庫  2000年9月初版    ハーンは小泉八雲という日本名をもつイギリス人作家だが、来日したのは1890年(・・・

フロイスの見た戦国日本/川崎桃太著

フロイスの見た戦国日本

「フロイスの見た戦国日本」 川崎桃太著   中公文庫  本書はフロイス(ポルトガル人宣教師)が本国に送った書簡を参照しつつ、時代背景や書簡だけでは不十分と思われる部分を他の文献をも参照しつつ、著者が補い、一冊の書にまとめ・・・

サブコンテンツ