「日本人」タグが使われている記事 12件

世界を驚かせた日本人の発明力/竹内一正著

「世界を驚かせた日本人の発明力」 竹内一正著  アスキー新書 2010年7月10日 初版  ¥752+税  本書は (1)カラクリの儀右衛門 (2)屋井先蔵の乾電池 (3)百瀬晋六のすばる360 (4)ゲーム機の任天堂 ・・・

日本人は誰も気付いていない在留中国人の実態/千葉明著

  「日本人は誰も気付いていない在留中国人の実態」    著者:千葉明(1959年テヘラン生まれ/現・法務省入国管理登録管理官)   2010年7月26日 彩図社より単行本初版 ¥1200+税  外国人の在留資格に関して・・・

地図の読めないアラブ人、道を聞けない日本人/アルモーメン・アブドーラ著

  著者:アルモーメン・アブドーラ(エジプト人/1975年生)   小学館より2010年10月6日初版・新書¥700+税  著者は2001年に学習院大学を卒業して以来、日本に居住し、現在は言語学者。この著作は著者みずから・・・

日本人だけが知らない日本人のうわさ/石井光太著

  「日本人だけが知らない日本人のうわさ」 石井光太(1977年生)   副題:笑える、あきれる、腹がたつ   2010年2月20日 光文社新書初版 ¥840+税  海外に滞在中に小耳にはさんだことや、資料などから得たこ・・・

醜い日本の私/中島義道著

「醜い日本の私」 中島義道(1946年生)著 ウィーン大学基礎総合学部哲学科修了、哲学博士、電気逓信大学人間コミュニケーション学科教授 新潮選書  2006年12月初版  作者はいきなり、日本のどこにでも在り得る典型的な・・・

日本人の顔/司馬遼太郎著

「日本人の顔」 司馬遼太郎  朝日新聞社刊  1984年文庫化初版  本書は各界の知名人、分野を異にする専門家ら7人を相手に対談した内容を収めたもので、内容は必然的に多岐にわたる。  なるほどと唸らされる部分と、対談の対・・・

大使が書いた 日本人とユダヤ人/エリー・コーヘン著

「大使が書いた 日本人とユダヤ人」  エリー・コーヘン(1949年生/イスラエル人)著 原題:Nations with missions 訳者:青木偉作 中経出版  単行本 2006年8月 初出版 思い出すのは、むかしイ・・・

バリ島駐在記「日本人観光客への痛烈な批判」

 バリ島の観光が宗主国だったオランダ人の手によって始められたことはすでに触れたが、クタをはじめ、島が本格的なリゾート地として名を高めることに最も寄与したのはオーストラリア人だった。  距離的に近いこともあり、かれらは冬に・・・

沈船検死「夜明けの新聞の匂い」/曽野綾子著

沈船検死

「沈船検死」 曽野綾子著 副題「夜明けの新聞の匂い」 帯広告:世界の辺境を見続けた著者だからこそ言える、直言の数々。 新潮文庫  本書は2001年から2003年までに「新潮45」以降に掲載された短編の寄せ集めで、ダブりが・・・

雁/森鴎外著

「雁」 森鴎外作  岩波文庫  明治の一時期に特徴的な語り口も物言いもなんだか懐かしいものを感ずる。 日本語が時代とともに変化していることを実感させてくれる。  一方、100年余の歳月の流れとともに、古い古い東京の街の風・・・

サブコンテンツ