「数学」タグが使われている記事 14件

数の不思議/ミランダ・ランディ著

「数の不思議」 ミランダ・ランディ(イギリス人?)著 副題:魔方陣・ゼロ・ゲマトリア 訳者:桃山まや 2010年6月10日 創元社初版  ¥1200+税    「はじめに」のなかに、「科学の生みの親は魔術だった・・・

江戸の数学教科書/桜井進著

「江戸の数学教科書」 桜井進 (サイエンス・ナビゲーター主宰/サイエンスエンタテイメント活動を展開) 著 帯広告:日本人が愛した算数の心とは?/世界一の水準を誇った江戸の数学ワールドへ! 2009年3月28日 集英社In・・・

天才の栄光と挫折/藤原正彦著

「天才の栄光と挫折」 藤原正彦(1943年生/御茶ノ水女子大学理学部教授・数論専攻)著 副題:神と遭遇し苦悶した天才数学者たちのドラマ 2002年5月 新潮社より単行本 2008年9月10日 文芸春秋より文庫化初版  ¥・・・

ポアンカレ予想に人生を翻弄された学者たち

 1904年に、アンリ・ポアンカレ(Jules-Henri Poincaré)という、数学者であり、宇宙物理学者である「知の巨人」と言われる人物が、宇宙の形に関する予測を残して逝去。  それを「ポアンカレ予想」というが、・・・

数学者の休憩時間/藤原正彦著

「数学者の休憩時間」 藤原正彦(1943年生)著 新潮文庫  1993年2月文庫化初版  本書は「国家の品格」などに比べると、だいぶ古い1993年の執筆だが、この作者の頭脳を占める「情緒」「思いやり」「ものの哀れ」「男は・・・

不完全性定理/野崎昭弘著

ふかんぜんせいていり

「不完全定理」  野崎昭弘(1936年生)著 ちくま学芸文庫  2006年5月  著者は大妻女子大学社会情報学部部長教授、専門はコンピューター科学の基礎理論。  小中高と、一貫して数学が苦手、数式を見るだけで頭痛がする自・・・

偉大な数学者たち/岩田義一著

「偉大な数学者たち」  岩田義一著(1916-2000)著  ちくま学芸文庫 2006年12月初文庫化  本書は1950年に上梓されたもの    本書はアルキメデスの死に始まり、ガロアの死に終わる、2000年間・・・

江戸の数学文化/川本亨二著

えどのすうがくぶんか

「江戸の数学文化」 川本亨二著 岩波科学ライブラリー 1999年10月初版  日本に初めて数学というものが入ってきたのは中国からで、6-7世紀頃だったらしいが、日本側にそれを吸収する力量がなく、根を下ろさなかったという。・・・

父の威厳・数学者の意地/藤原正彦著

「父の威厳・数学者の意地」 藤原正彦著 新潮社  1997年7月文庫化初版  この作者の著作はすでに「祖国とは国語」(2006年2月3日)、「国家の品格」(2006年8月4日/2006年11月10日の2回)、「若き数学者・・・

よみがえる天才アルキメデス/斎藤憲著

「よみがえる天才アルキメデス」 斎藤憲(1958年生/大阪府立大学人間社会学部助教授/ギリシャ数学史専攻)著  副題:数学の幻の奇書と呼ばれるアルキメデスの「方法」とは何だったのか 岩波科学ライブラリー 2006年3月初・・・

サブコンテンツ