「宮本輝」タグが使われている記事 12件

ひとたびはポプラに臥す(総評)/宮本輝著

「ひとたびはポプラに臥す」 (全六巻) 宮本輝著 講談社 2002年3月15日~4月15日 文庫化初版 総評  本書は創りものの小説とは異なり、40日間という長期にわたるというだけでなく、過酷きわまりない旅の体験記であり・・・

ひとたびはポプラに臥す(最終第六巻)/宮本輝著

「ひとたびはポプラに臥す」(最終・第六巻)  宮本輝著 講談社より2002年4月15日  文庫化初版  ¥629+税  本書の最終紀行には下の地図が参考になる。  作者一行はパキスタンのフンザ、桃源郷とも言われる土地のカ・・・

ひとたびはポプラに臥す(第五巻)/宮本輝著

「ひとたびはポプラに臥す」第五巻  宮本輝著 2002年4月15日 講談社より文庫化初版  「蜃気楼かと思って西方でゆれている銀板のようなものに目を凝らすと、それはヤルカンドの河であった。カラコルムは山脈の北方から流れ下・・・

ひとたびはポプラに臥す(第四巻)/宮本輝著

「ひとたびはポプラに臥す」第四巻  宮本輝著 2002年4月15日  講談社より文庫化初版  ¥629+税  表紙はクチャ川。素裸の少年らが水遊びに興じている光景だが、これが全景の半分であることが、新たな章の始まりととも・・・

ひとたびはポプラに臥す(第三巻)/宮本輝著

  「ひとたびはポプラに臥す」第三巻  宮本輝   2002年3月15日 講談社より文庫化初版  「西安から2,887キロ離れたトルファンが視界に入ってきたが、暑く、乾いて、砂だらけ、風もなく、街は砂埃でかすんでいる」 ・・・

ひとたびはポプラに臥す(第二巻)/宮本輝著

「ひとたびはポプラに臥す」第二巻  宮本輝著 講談社 2002年3月15日 文庫化初版 ¥629+税  「私たちはいつも逃げ出すように出発している。西安からも、天水からも、蘭州からも」という言葉が、土地や風土の暑く乾いた・・・

ひとたびはポプラに臥す(第一巻)/宮本輝著

「ひとたびはポプラに臥す」第一巻  宮本輝著 講談社  2002年3月15日文庫化初版 ¥629+税  作者は1995年の5月に、鳩摩羅什(くまらじゅう)が1600年以上前に歩いたシルクロードの道を歩こうと、この旅に出た・・・

ひとたびはポプラに臥す(予告)/宮本輝著

  「ひとたびはポプラに臥す」 (全六巻)  宮本輝   1995年~1996年まで北日本新聞に掲載   2002年3月15日 講談社より文庫化初版  ¥629+税  予告:   本書は全六巻におよぶ、シルクロード旅行記・・・

睡蓮の長いまどろみ/宮本輝著

すいれんのながいまどろみ

「睡蓮の長いまどろみ」上下巻 宮本輝(1947年生)著 1995年-1998年まで「文学界」に初出 1998年 文藝春秋社より単行本 2003年10月 文春より文庫化初版  以前のブログで、この作者のデビュー作で、賞に恵・・・

蛍川・泥の河/宮本輝著

「蛍川・泥の河」 宮本輝著 新潮文庫  何年ぶりかで再読してみた。やはりというか、期待は裏切られなかった。  舞台は昭和三十年代の大阪。  汚濁にまみれた川、ロープでもやわれ泥の水面に浮く河舟。そこを住居とする母と子ども・・・

サブコンテンツ