「社会時評」カテゴリの記事 96 件

竹島(領土問題)と戦争体験

  「竹島」(領土問題)と戦争体験  韓国の大統領の言動は、わが国の政治家の言動と変わるところがなく、身の保全以外、全くなにも考えていないことを暗示している。  ここでいう身の保全とはComing Secectionで再・・・

免許制度と司法のあり方

 「免許制度と司法のあり方」  「無免許なのに、運転自体は問題のない程度に走らせることができたことを重視」とは、司法を預かる人間の発言だが、これを聞いて驚愕したのは私だけではないだろう。なぜなら、免許がなくても運転が上手・・・

財源不足をどう補うか?

 「財源不足」だという。だから、「税金の段階的値上げ」は仕方がないという。  財源の補充はまず、国会議員の数を半分に減らすこと、いわゆる議員と呼ばれる人間が、区議会、県議会、市議会などなど、どこも多すぎる。どこもが半分は・・・

塩谷瞬二股事件・その2

 塩谷がどうなろうと、どう思っていようと、そんなことはどうでもいい。  問題はフジテレビのMC、おむすびも、大阪からのMC、日テレのドングリも、両者がメインの番組が扱う内容がほとんど同じであること、塩谷に関しても、まるで・・・

塩谷瞬の二股事件で思うこと

 むかしから汚い男はいる。  「結婚」を餌にすることで、女に体を開かせ、さんざん遊んで、あとは知らん振りという男。  結婚しているくせに、なかには子供までいるくせに、それを知らない女に「結婚」を口にして、遊ぶ男。  いず・・・

原子力発電に依存しない国を目指せ

 「原子力発電に依存しない国を目指せ」  わが国のように、多くの地球プレートが錯綜するように集中するだけでなく、火山が多く、地震が多発し、半端でない津波に曝された国に原子力発電はリスクが強すぎる。廃炉にしたところで、ウラ・・・

小沢一郎の無罪判決

 「小沢一郎の無罪判決」  本日、あっさりというべきか、小沢は無罪という判決が示され、TVは各番組ともに、このことに執心したような放映を続けている。  腑に落ちないのは、ロシアンハウスで名を挙げた鈴木宗雄にまであのツラを・・・

澤穂稀の最優秀選手賞

 「澤穂稀の最優秀選手賞」  本日、スイスで首記の賞が「なでしこJAPAN」を優勝に導いた澤穂稀選手に与えられた。  私が「すごい人だな」と思ったのは、主催者が振袖を着た彼女にスピーチを依頼したとき、英語を使わず、日本語・・・

中国の官民あげての横暴をどう防ぐか?

  「中国の官民あげての横暴をどう防ぐか」  日本の尖閣列島で中国漁船に海保の船が体当たりされたり、南沙海域ではフィリピン、ヴェトナム、マレーシア、インドネシアの排他的海域が侵害されたり、つい最近では韓国の海域に中国漁船・・・

少女虐待の歴史

 「少女虐待の歴史」  私が知っているだけでも、私たちが小学生の頃の男性教師はひどかった。  当時、私自身も子供、女子生徒がそういう目に遭っていたことは全く知らなかったし、理解の埒外でもあった。  教師らのひどさを知った・・・

サブコンテンツ