「中国」タグが使われている記事 46件

ホントに強いぞ、自衛隊!/加藤健二郎&古是三春著

自衛隊

「ホントに強いぞ、自衛隊!」 副題:中国軍のアキレス腱 著者:(1)加藤健ニ郎/1961年生、軍事ジャーナリスト、防衛庁オピニオンリーダー) (2)古是三春/1960年生、軍事技術史&戦史研究家、共産圏の軍事に詳しい) ・・・

竹内好・アジアとの出会い/丸川哲史著

「竹内好・アジアとの出会い」 丸川哲史(1963年/明治大学政治経済学部準教授)著 2010年1月20日  河出書房新社より単行本初版 ¥1300+税 副題:人と思考の軌跡/東アジアの中における日本の在り方が問われている・・・

シュリーマン旅行記 清国・日本/ハインリッヒ・シュリーマン著

「シュリーマン旅行記 清国・日本」 ハインリッヒ・シュリーマン(Heinrich Schliemann/1822-1890/ドイツ人)著 原題:La Chine et le Japon au temps présent ・・・

始皇帝/塚本青史著

「始皇帝」  塚本青史(つかもとせいし/1949年生)著 副題:「永遠の命」を除く、この世のすべてを手に入れた狂気の王 2006年8月、毎日新聞社より単行本として刊行 2009年8月、講談社より文庫化初版  ¥790+税・・・

最近の中国の動きは「文明の自殺」を裏書するもの

 最近の中国の動きは先月(2009年6月)に書評した「文明の自殺」を裏書するものである。  ウィグル族の怒りは単に経済格差だけにとどまらない。  中国共産党のやり口は、チベット自治区でかつて胡錦濤が若いときに自らやったの・・・

文明の自殺/黄文雄著(その3)

「文明の自殺」 黄文雄(1938年台湾生まれ)著 副題:逃れられない中国の宿命 集英社刊 2007年5月31日 単行本初版 書評その3(最終書評)[その1] [その2]  「 」内は著者の言葉、以外は私の意見。  「中国・・・

文明の自殺/黄文雄著(その2)

「文明の自殺」 黄文雄(1938年台湾生まれ)著 副題:逃れられない中国の宿命 集英社刊 2007年5月31日 単行本初版 (書評その2)  書評その1はこちら。  「中国に蔓延する八毒とは(1)陥(おとしい)れる、(2・・・

文明の自殺/黄文雄著(その1)

「文明の自殺」 黄文雄(1938年台湾生まれ)著 副題:逃れられない中国の宿命 集英社刊 2007年5月31日 単行本初版 ¥1700+税  本書の書評は備忘録を兼ね、3回に分けて行なう。 (書評その1)  中国はアヘン・・・

風の王国/毛利志生子著

風の王国

「風の王国」  毛利志生子 2004年6月10日  集英社コバルト文庫初版  ¥514+税  タイトルに惹かれ書店経由取り寄せたのだが、漫画の表紙に超ビックリ。  さらに驚いたのは、内容が唐の時代の中国とチベットの話だっ・・・

ひとたびはポプラに臥す(第五巻)/宮本輝著

「ひとたびはポプラに臥す」第五巻  宮本輝著 2002年4月15日 講談社より文庫化初版  「蜃気楼かと思って西方でゆれている銀板のようなものに目を凝らすと、それはヤルカンドの河であった。カラコルムは山脈の北方から流れ下・・・

サブコンテンツ