「犯罪」タグが使われている記事 19件

カニバリズム/ブライアン・マリナー著

「カニバリズム」 ブライアン・マリナー(イギリス人)著 原題:Connilibalism:The Last Taboo 訳者: 平石律子 青弓社発行  単行本 1993年初版    「カニバリズム」とは「人肉食・・・

アメリカ監獄日記/高平隆久著

「アメリカ監獄日記」 高平隆久(1960年生)著 副題:無実の囚われ人の大冒険 草思社 単行本  2006年11月初版  本書は基本的にノンフィクションであり、作者のアメリカでの実体験を描いたものだが、登場する日本女性が・・・

世田谷一家殺人事件/斎藤寅著

「世田谷一家殺人事件」  斎藤寅(元週刊誌ジャーナリスト、現在フリーランス)著 副題:侵入者たちの告白 草思社  2006年6月初版  単行本    作者は首題を通し、2000年以降急激に変貌をきたしている日本・・・

証券詐欺師/ゲーリー・ワイス著

「証券詐欺師」 副題:ウォール街を震撼させた男 ゲーリー・ワイス(アメリカ人/ニューヨーク生)著 原題:Born to steal / When the mafia hit wallstreet 訳者:青木純子 アメリカ・・・

指紋の神様の事件簿/塚本宇兵著

「指紋の神様の事件簿」  塚本宇兵(1936年生)著 著者は元刑事課を経て鑑識課指紋係、以来指紋ひとすじに30年の経歴をもつ。 新潮社  2006年12月文庫化初版    「指紋」に関する鑑識の歴史が本書によっ・・・

アメリカ体験記「乙姫様に1万ドルずつ盗まれた二人の男」

 いまだから話ができるという類の事件。  某新聞の優秀販売店主を35人ほど同行、サンフランシスコからメキシコシティ、ロスアンゼルス、ハワイと回って帰国するという日程だった。  サンフランシスコに到着した当日、私はしつこい・・・

強姦の歴史/ジョルジュ・ヴィガレロ著

強姦の歴史

「強姦の歴史」 ジョルジュ・ヴィガレロ (Georges Vigarello/フランス人)著 藤田真利子訳   作品社刊 1998年フランスで初出版   1999年8月日本初出  強姦は古今東西、売買春と同じく、絶えるこ・・・

中国の大盗賊・完全版/高島俊男著

「中国の大盗賊」 高島俊男著  講談社現代新書    中国の歴史は「盗賊どもや、ならずもの(匪賊)らが跋扈、君臨した歴史」であることを、ここまで言い切ってしまっていいのかと心配になるほどしっかり書いてある。  ・・・

津山三十人殺し/筑波昭著

津山三十人殺し

「津山三十人殺し」 筑波昭著 帯広告:その狂気、やむことなし! 新潮文庫  戦前、日本人が犯した殺人で、一人が三十人を殺害したというのは例がない。史上空前の犯罪を元新聞記者がノンフィクション風に取材を重ねて描いた作品。 ・・・

サブコンテンツ