「金融」タグが使われている記事 17件

ゴールドマン・サックス研究/神谷秀樹著

 「ゴールドマン・サックス研究」 神谷秀樹(1953年生)  副題:世界経済崩壊の真相  文芸春秋社より新書初版 2010年10月20日 ¥750+税  著者には8年間ゴールドマン・サックスで働いた経歴があり、独立後は自・・・

金融恐慌とユダヤ・キリスト教/島田裕巳著

金融恐慌とユダヤ・キリスト教

「金融恐慌とユダヤ・キリスト教」 島田裕巳(1953年生/宗教学者)著 帯広告:神の怒りが「100年に1度の危機」を招いた 2009年12月20日 文春新書初版 ¥830+税  帯広告の裏面に記されている以下の疑問符のつ・・・

ゴールドが異常な高騰

ingod

 昨年、1グラムにつき¥2,700まで下落したゴールドインゴットが、つい最近¥3、332にまで高騰。アメリカの相場ではゴールドは日本よりはるかな高値に引き上げられているが、その理由は、偏にドル安、円高の影響。  現今言わ・・・

最近の中国の動きは「文明の自殺」を裏書するもの

 最近の中国の動きは先月(2009年6月)に書評した「文明の自殺」を裏書するものである。  ウィグル族の怒りは単に経済格差だけにとどまらない。  中国共産党のやり口は、チベット自治区でかつて胡錦濤が若いときに自らやったの・・・

金融危機の本質は何か/野口悠紀雄著

  「金融危機の本質は何か」  野口悠紀雄   著者略歴:1940年生/スタンフォード大学客員教授を経、現在早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授   帯広告:証券化やクレジット、デフォルト、スワップは悪魔の発明か   ・・・

資本主義はなぜ自壊したのか/中谷巌著(その2)

資本主義はなぜ自壊したのか

「資本主義はなぜ自壊したのか」 中谷巌著 集英社 「資本主義はなぜ自壊したのか/中谷巌著(その1)」からの続き。  書評・備忘録(その2) 1.インターネットによって世界は一つにはなったが、それは単にグローバルな規模で情・・・

資本主義はなぜ自壊したのか/中谷巌著(その1)

資本主義はなぜ自壊したのか

「資本主義はなぜ自壊したのか」 中谷巌(1942年生/一橋大学名誉教授)著 副題:「日本」再生への提言 帯広告:構造改革の急先鋒であった著者が記す「懺悔の書」 集英社発刊 2008年12月20日初版  ¥1700+税  ・・・

日本は悪くない、悪いのはアメリカだ/下村治著

日本は悪くない、悪いのはアメリカだ

「日本は悪くない・悪いのはアメリカだ」 下村治(1910-1981/経済学博士)著 帯広告:本書にこそ日本が進むべき「正しい道」が示されている 1977年4月 ネスコ刊 単行本 初版 2009年1月 文芸春秋 文庫化初版・・・

「恐慌前夜」のその後3

1.Citi Bankは公表されていないが、連結決算すると、110兆円規模の損失があるとの情報が流れている。現実に、日興証券と立ち上げた子会社の売却を決めたとの報道がある。(同社は日本政府との間にペイオフ契約をしているた・・・

ソロスは警告する/ジョージ・ソロス著

「ソロスは警告する」 ジョージ・ソロス(1930年ハンガリー生まれ/ユダヤ系アメリカ人)著 訳者:徳川家広/解説:松藤民輔 原書名:The New Paradigm for Financial Markets 帯広告:大・・・

サブコンテンツ